Profile of 松野美樹 - HARUKI MATSUNO - MODERN & BAROQUE TRUMPET PLAYER・トランペット&バロックトランペット(ナチュラルトランペット)奏者

The English profile is under the Japanese profile.


松野 美樹 ☆ MATSUNO HARUKI

TRUMPET & BAROQUE TRUMPET


1965年三重県四日市に生まれる。
13歳より愛好家の手ほどきによりトランペットを始め、15歳より田中昭氏に師事、17歳より北村源三氏に師事し、1985年東京芸術大学音楽学部器楽科入学。
在学中、北村源三氏に師事しながら、バッハカンタータクラブにて小林道夫氏にバロック音楽の教えを受け、卒業後も薫陶を受ける。バロックトランペットをフリーデマン インマー氏に師事。

1989年に同大学を卒業。以来、フリーのトランペット奏者として、ソロ、オーケストラ、室内楽、吹奏楽等の演奏を積極的に行う。
特に、バロック音楽の分野では、ピッコロトランペット奏者、バロックトランペット奏者として、明るくピュアで華やかな音色と色彩感のある音楽性で、ソリスト、及び客演第一奏者(バッハやヘンデル等の作曲家を中心とした作品)として活躍し高い評価を受ける。
 バロックトランペットから、現代のトランペットを駆使したソロコンサートも各地で開催し好評を得る。
 また、教育の分野でも東京都台東区器楽専門指導員を経て、現在ではトランペットの個人及び学校での演奏指導を行う。加えて吹奏楽の合奏の指導、コンサート指揮等も行い従来とは違う視点からの個性的なアプローチで評価されている。
今日までに、1989年に、大分・ゆふいん音楽祭にソリストとして出演、1990年には『豊田喜代美ソプラノリサイタル』において、J.S.バッハのBWV51のソロトランペットを務め「超絶技巧と豊かな音楽性」(朝日新聞)、「完璧な技巧には驚いた」(音楽舞踊新聞)と評され注目を集める。同年、東京ゾリステンの定期演奏会にG.P.テレマンのターフェルムジークのソロトランペットとして出演。
1992年に、神奈川・横浜市岩間市民プラザ、1994年に、東京芸術劇場、三重・四日市文化会館、1995年に、栃木・那須野が原ハーモニーホール、1999、2002年に、岐阜・サラマンカホールにおいて、各文化財団及びホール主催のコンサートにソリストとして出演。
1996年にNHK・FMリサイタルに出演。
 国内だけで無く2000年に、弘前バッハアンサンブルのヨーロッパ公演にバッハのロ短調ミサの客演第一奏者として参加、2002年には同アンサンブルのロシア公演に参加して好評を得る。
2004年に名古屋フィルハーモニー交響楽団のヨーロッパ公演にエキストラとして参加。
2007年にはソウルにて行われたヘンデルのオペラ”リナルド”にオーケストラ・カメラータ・アンティーク・ソウルの客演奏者として参加しバロックトランペットを演奏。2009年に再びソウルを訪れてメサイアをバロックトランペットにて演奏。2010年6月に横浜開港記念会館にてブランデンブルグ協奏曲第2番をバロックトランペットにて演奏。2012年より毎年渡独し現地の演奏家と交流しコンサートに参加する。GÖTTINGER BAROCK ORCHESTRA、BACHCHOR MAINZ, を初め多くの演奏家とバッハやその他の作品のソロトランペット奏者、トゥッティ奏者として共演。

                                 2017.3. 現在


HARUKI MATSUNO

TRUMPET & BAROQUE TRUMPET


Born in Yokkaichi-city, Mie-prefecture, Japan in 1965.
Matsuno began trumpet study at the age of 13.

Matsuno graduated from The Tokyo University of Arts in 1989. Since then, he has been active as a free-lance musician throughout Japan performing with various orchestras, not only as a soloist, but also as an ensemble player. He has an expansive repertoire including Baroque,Classic, and Contemporary music.

Especially,he has been valued on Baroque music, such as that by Bach, Handel, Telemann as a soloist and a extra solo part player. The Asahi Shimbun, one of the most leading newspapers in Japan, highly acclaimed his performance of Bach's Cantata BWV51 as “Matsuno's brilliant technique and rich musical sense
brought out charm the work has particularly.

Also he plays Baroque trumpet so-called a period instrument. He studied trumpet with Genzo Kitamura and Akira Tanaka and Baroque music under Michio Kobayashi. And he also studied the baroque trumpet with Friedemann Immer.

In Europe, he performed Bach's Mass in B minor BWV232 in 2000 with a Japanese chorus group and Cantata BWV205 and Magnificat BWV243 in 2002 with the same group. And in 2004, he toured in Europe with Nagoya Philharmonic Orchestra. He took part in the orchestra, Camerata Antiqua Seoul(Korea) as a baroque trumpet player in 2007, performed Handel's Rinaldo. In 2009, he performed Handel's "Messiah" in seoul. He has visited Germany every year since 2012. In 2014 he played the solo trumpet parts of Bach's works with BachChor Mainz and Göttinger Barock Orchestra.

With Modern trumpet or Baroque trumpet, his repertoires include:

BACH: Brandenburg Concert No.2, BWV51, 232(Mass in B miner), 243(Magnificat),
248(Weihnachts-Oratorio), 217(Easter Oratorio), 11, 21,46, 71, 74, 75, 77, 80, 110, 172, 191, 205, 207, 214, etc.
Especially, he has played BWV11, 232, and 243, over 20 times on each.

HANDEL: Messiah
TELEMANN: Tafelmusik, solo-pieces

(as of March 2017)

formal baroque .jpg
photo Hidenori Iida

写真.JPG


B trumprt .jpg
photo Hidenori Iida

TS310019.JPG